2014年11月25日

第6回JKJO全日本空手道選手権大会

禅道会本部の三浦です。
11月22日(土)、国立代々木競技場 第一体育館にて行われました第6回JKJO全日本空手道選手権大会、カラテ甲子園 第8回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に、空手道禅道会 小沢先生がお招きを受けておりましたが、以前より参加を予定しておりました、兵庫県神戸市の甲南女子大学にて開催の、ニューロフィードバック4日間セミナーに出席されるため、残念ながら出席ができませんでした。そのため私、三浦康彰が代理で出席させて頂きました。


全11コート、各地区大会から選抜された、少年部から一般部まで合わせて1263名の選手が参加され、観客も満員の会場の中、選手達は懸命に闘い抜いていました。

参加団体数は250団体を越え、突き、蹴りの攻防の中、上段回し蹴り、後ろ回し蹴り、胴回し回転蹴りと、大技も飛び交い、少年部から一般部まで白熱したレベルの高い大熱戦が繰り広げられていました。

入賞した少年部は最高の笑顔を浮かべながら、保護者の方々に写真を撮ってもらっていました。本当に嬉しそうでした。

一般部の方は10代から40代の方まで同じトーナメントで試合をされ、一生懸命に試合をやりきられていました。

表彰式、閉会式共に盛大に行われ、最優秀選手には文部科学大臣賞が授与されました。

様々な団体の選手、先生方が協力しあい大会場で行われた素晴らしい大会でした。

また、大会中には、JKJO 代表の先生や様々な緒先生方から、「小沢先生によろしくお伝え下さい。」とご丁寧なご挨拶を頂きました。
3c97fb53-s.jpgd8b56171-s.jpg9ec8c15f-s.jpg9be51ab3-s.jpg
posted by @タイガー at 13:31| Comment(0) | 幼日記! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。